「妊娠線」を避けるには、予防クリームで保湿



妊娠中のトラブルとして、妊娠線がありますね。

妊娠線はできずに済むことに越したことはないですね。



私はどうしても妊娠線は作りたくなかったので、妊娠発覚と同時から、予防クリームを塗っていました。

基本的には入浴後にたっぷり塗るようにして、日中でも乾燥でかゆみを感じる時などは塗るようにしていました。


お腹だけでなく、太ももやヒップ、バストなど、急激に大きくなる部分には塗るようにしていました。



予防クリームの効果なのか、一人目も二人目も、妊娠線ができずに済みました。



妊娠線の予防には、やはり予防クリームを妊娠初期からしっかりと塗る、が一番効果があるような気がしますが、結果論としては何もしなくてもできない人もいるし、しっかりと予防してもできる人もいるようです。


なので、人による、ところが大きいと思うのですが・・・


私的には、妊娠線ができないようにしたいと強く思うのであれば、結果どうなるかは分かりませんが、妊娠発覚と同時に、予防クリームを塗り始めた方が良いと思います。

妊娠線は、出来てしまうと消えない、と言われているので、しっかりと予防することが大事ですね。



あとは、急激に体重を増やさないこと、乾燥させないことが、予防になるようです。


お腹だけでなく、太ももやヒップ、バストなどにも妊娠線ができるようなので、要注意ですね。

<おすすめ>
妊娠線なんて怖くない!妊娠線の正しい予防法を知って産後もツルツルお肌に!

妊娠後期、大きなお腹にニョロニョロ「妊娠線」ができる
スポンサーリンク