妊娠初期、だるさとともに「発熱」を経験



一人目の妊娠が発覚した直後くらいですね。

数日、風邪のようにだるく、37度台の微熱ですが、発熱していました。


夏だったこともあり、氷枕を抱いて、ベッドの上でゴロゴロして過ごしていました。


それ以上ひどくなることもなく、熱は下がり、今度もつわりが本格的に始まり、違う辛さとなりました。



発熱が続く人もいれば、ほてりや寒気がある人もいるようです。


妊娠すると、本当に今まで経験をしたこともなかったことが症状として現れたり、何日もその状態が続いたり、妊娠発覚の喜びの束の間、辛さばっかりを感じてしまうこともありますよね。


あまり考えすぎると、妊娠うつやマタニティブルーにつながってしまうこともありますから、ある程度割り切りが必要というか、今は仕方ない、そのうち改善する、とおおらかに構えておいた方が良さそうです。



他のつわり症状が重なって辛い場合や、あまりにも高熱が出ている場合は、我慢せずに受診した方が良いと思います。

高熱の原因が妊娠とは限りませんしね。

<おすすめ>
妊娠初期に冷えからの「発熱」。温かい飲み物と休憩で対処

【妊娠超初期症状】「発熱」で頭がぼんやり。風邪だと思ったらまさかの妊娠
スポンサーリンク