要注意! 妊娠期の「急激な体重増加」



出産時の体重は、一人目は11kg増、二人目は13kg増でした。


一人目の時は、ずっとお腹が小さいと言われ続け、妊娠後期には、胎児が小さ目だからたくさん食べて、とよく言われていました。

なので、最後の最後に、本当によく食べました!
出産したら外食もなかなかできない、と思って、夫とよく外食して、食べたいものを食べたいだけ食べていました。

その結果、最後の1ヶ月で2kgは増えたと思います。



二人の時は、つわりが終わったころの妊娠中期に差し掛かる頃に、すごくよく食べていたら、1ヶ月で3kgほど体重増加をしてしまって、医師に注意を受けました。

これはいけない!と思って、その後はきちんと体重管理をして、これ以上急激に増えないよう気を付けました。

また二人目はお腹がすぐに大きくなる、と聞いていたけれど、この体重増加もあって、本当にすぐに大きくなりました。


結果、2回の妊娠ともに、大きなトラブルにはつながらずホッとしていました。




急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や妊娠糖尿病につながる危険性があと言われますね。

いくら妊娠したから・・・といっても、急激な体重増加はNGです。

母体だけでなく、胎児にも負担がかかるようですから、本当に気を付けないといけないですね。


また、腰痛やむくみなどにもつながりやすいようです。




それから、逆に体重が増えない妊婦さんも要注意です。

体重管理ばかり気になったり、体型の崩れや産後のダイエットなどを意識しすぎて、増えるべき体重も増えないと、栄養失調となることがあるようです。


昨今、体重を増やさない妊婦も問題となっている、なんて聞いたこともありますし、以前ほど、厳しい体重管理をしない病院も増えているとか。



体重の増やし過ぎ、増やさなすぎ、いずれも良くないですね。
適度に、必要な体重増加が望ましいですね。

<おすすめ>
「急激な体重増加」が引き起こす妊娠トラブルと出産への影響

妊婦なのに体重管理?!正しい方法を知って安産を目指そう!

体重の増え方も順調、自覚症状もなく「妊娠糖尿病」に

【先輩ママに訊く!】妊娠中の「食べつわり」はどう乗り切る?!
スポンサーリンク