妊娠後期、痛い~「こむらがえり」が何度も起きる


妊娠後期、一人目の時も二人目の時も、こむらがえり経験しました。

お腹が大きくて、自分の足を触るのも大変な頃です。


寝ている時とか、朝起きる時に、よく「痛いー」となりました。

自分では足の指を引っ張れないので、夫に、
「足、つったー!助けてーーーー!!」
とよく叫んでいましたね。



寝ているところを起こしてしまった時は、
夫も半分寝ぼけていて、
足の親指を外側に引っ張って欲しいのに、
なぜか内側(足の裏の方)に引っ張っていて、
「意味ない、それーー。反対~!!」
って。

痛いのに、笑いが出て、訳分からない状態になっていましたよ。




妊娠後期の足がつりやすい時期になると、
もうちょっと足の親指を動かすだけでつってしまうんですよね。

「あ、くる・・・」
と思った時には、すでにつって痛い、みたいな感じに。



こむらがえりを予防するには、適度な運動や食生活などを気を付けると良いようですね。

マタニティ向けのヨガやアクアビクス、散歩などで適度に運動をすると良いですね。
また乳製品や魚などのカルシウム、豆類などのマグネシウムを摂ると良いよう。



それから、「また、足がつったら嫌だな・・・」と思いすぎると、それがストレスにつながってしまいますよね。ストレスは身体によくありませんから、あまり考えすぎないようにしたいですね!!

<おすすめ>
妊娠中期から後期にかけて足が突然つる「こむら返り」

体に効くマタニティヨガでマタニティライフを楽しく健康に!
スポンサーリンク